無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
超私信:おユキちゃんへ
超私信:おユキちゃんへ
パソコンのことです。全部試してみました。

^柄阿縫哀薀椶賄觝椶気譴凸気ったです?
もし搭載されてたなら、そのグラボのドライバーの完全削除を。
HD入れ替えてるので、不要なドライバーは入って無いです。

一応、電源も容量を満たしてるか見て下さい。400W級なら大丈夫かと。
大丈夫だとおもいます。

グラボのドライバーを最新のモノに更新してみましょう。
しましたー

BIOSの設定は大丈夫ですか? 恐らくPCI−EXだと思うのですが、優先に成ってるでしょうか?
これがわからんとです…。
BIOSとは立ち上がるときにESCだかF1だかなんかを押して設定する青い画面ですよね?

熱のチェックするソフト?いれて、2窓試してみました。

赤文字で書いている部分が上昇していきました。
また、CPU占有率が常に98%ぐらいをキープしておりました。
そして30分でPC自体がフリーズしました。(これはいつもの現象)

1窓だと非常に快適で問題ないです。まず落ちることはないです。
SYSTEMが54℃ぐらいで、筐体も熱くありません。

なんなんでしょうか…('A`)
グラボとマザボの相性が悪いからこうなってるのかな?

外に情報必要であれば言ってください。
本当に助かります…ありがとう!
| だんぼ | リアル日記 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2006/11/09 12:59 AM posted by: 雪音
前略、お疲れ様でした。

CPU温度が一定に達するとOS自体でシステムの休止、もしくは一部アプリを緊急停止させる事になってます(これをクリティカル温度と呼んでます)
発熱の原因をシステム上で感知し、PC自体を熱暴走から守る為です。

インテルのホームページよりPD820の最高運用温度は63℃と成っており、メーカー製のPCだと更にOS上で低温に設定する場合が殆どです。

周知の通り、ネットゲームはPCの性能をフル活用して起動しますので、それを多窓すると、かなりの負荷が掛かります。だんぼ様のPCもグラフの数値を見るだけで、高負荷が掛かってる状態です。

結論 
発熱によるシステム上からの”緊急安全システムの発動”によるシステム停止と判断します。PC自体は何ら問題が無く、逆に正常な状態と断言します。既にCPU命令の停止かOS上の停止かを調べる事も無意味です。

対策 
どうしても多窓をしたい! と言う場合のみ試して下さい。私個人としては短時間以外の他窓は止めた方がイイと思いますが・・・
,泙最枩等がPC内でファンが送る風の邪魔をしてないですか? もし有り得るのならコードをマトメるなりしてPC内部を風通し良くして下さい
内部にファンが何個か有ると思います。どういう風向きか調べて、熱が篭りやすくなってないか、調べてみて。
ファンは外側からも風向きが分かりやすいと思います。
特に前にファンが付いてたら前からサイドと後ろに風が流れてるか・・・とか、PC内の設置状況によっても変るので何とも言えないのですが・・・;;
2006/11/09 1:13 AM posted by: 雪音
長くなったので、追加を・・・
CPUが空冷なので水冷システムにする事でCPUの発熱を抑える事が出来ます。
金額は1万2千円〜ぐらいで背部1スロット使用する事になるのが殆どです。
(なぜ空冷が判断出来るかと言えば、上記ソフトにてCPUファンが2192回転で回っているため)
しかしながらシステム(マザーボードと考えて)やHDDも高温に成っている為、他にも対策が必要となると思います。(ファンの増設等・・・)
金額も掛かりますので、お勧めはしません。
どうしても! と言われるなら、また調べますので、ご連絡を。
2006/11/10 1:02 PM posted by: ウラッツェン
事務所で使ってるPCは熱のためM2起動させると熱が原因で落ちる仕様になりますたorz さ…最近は事務所でやってないからいいんだけどね…(電源部の熱を本体内に吹き出してやがった…)

事務所のPCはスリムなタイプだから家で買った放置用PCは放熱考えて大きいぼでぇにしますた。べぬの使用するノートPCは端っこに本2冊敷いて下から熱が逃げるように…

放置用PCは24時間営業でファンの音が結構してるので、静音ファン&大型化も考えつつ、水冷も…

なぁんて関係無いけど便乗
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://nurse2.jugem.jp/trackback/21